« 偽セキュリティソフトの敵はセキュリティツール | トップページ | マイクロソフトの名を騙る偽セキュリティツール »

2012年2月13日 (月)

2011年の国内パソコン出荷は前年割れ

先週のニュースですが

株式会社MM総研から

昨年(2011年)の日本国内のパソコン出荷台数とパソコン出荷金額の

発表がありました。

ニュースの抜粋は以下の通り

「2011年の国内PC出荷実績について調査し、結果を発表した。出荷台数は前年比3%減の1,481万4千台、出荷金額は前年比14%減の1兆1,676億円となった。

 2011年は東日本大震災やタイ洪水に伴うHDD生産減少などの影響を受け、マイナス成長となった。出荷金額は、主力であるA4ノート単価が競争激化により下落し、平均単価は7.9万円と2010年と比較すると1万円減少した。

 個人向けではA4ノートの単価下落や大震災後の消費行動の変化(巣ごもり消費)により、前年比3.6%増の772万7千台を出荷。一方、法人向けは2010年にあった文教分野での特需の反動や円高による投資意欲の減退により、前年比9.2%減の708万7千台となった。

 メーカー別シェアでは、正式に持ち株会社が発足したNECレノボがシェア25.7%で首位。2位は18.4%の富士通、3位は12.9%の東芝、6位は6.5%のソニーで変わらないが、4位は日本HP(9.4%)となり、デル(9.3%、5位)と僅差で順位が入れ替わった。また、アップルも出荷台数で2010年の54万5千台から73万台に増え、日本エイサーと順位を入れ替え7位となった。」

NECとレノボは一緒な扱いなんですね~。

一緒になってやっとシェアが25%程度というのも、時代の移り変わりを感じます。

たまにですが、新しく購入したパソコンのセットアップを依頼されますが

NECのパソコンはほとんど来ないですね・・・

逆に、購入後一年ちょっとで壊れたWindows7パソコンが何台かきましたが

NECが多かったり

人気blogランキング(石川)に参加中!
Banner_03 ポチっと押していただくと、明日へのブログの活力が湧いてきます!!

統計も取ってませんし、あくまで個人的な記憶ですので、

参考にはしないでくださいね・・・

|

« 偽セキュリティソフトの敵はセキュリティツール | トップページ | マイクロソフトの名を騙る偽セキュリティツール »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186742/53973857

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年の国内パソコン出荷は前年割れ:

« 偽セキュリティソフトの敵はセキュリティツール | トップページ | マイクロソフトの名を騙る偽セキュリティツール »