« 電飾の金箔雪吊り | トップページ | マザーボードのコンデンサは、上に膨らむとは限りません »

2011年12月 1日 (木)

Cドライブの空き容量が不足してきたら

最近、WindowsVISTAパソコンで

「Cドライブが空き容量不足だと警告メッセージを言い出したが、どうすればいい?」

と、持ち込まれるパソコンが増えています。

VISTA登場の頃、ノートパソコンのハードディスクの容量は

100GB~160GB辺りの物が多く、

Cドライブは、多くのメーカーが、50GBに設定していました。

VISTAもサービスパック2まで登場し、システムファイルや、プログラムファイルで

Cドライブを圧迫し

ドキュメントやピクチャのデータを消しても、まだ警告が出ている場合も

多々あります。

そんな時は、ディスククリーンアップを実行してみると

Windowsが使用していたファイルを削除できて、空き容量が増える場合があります。

VISTAの場合、

富士通のサポートサイトで図解入りで解説しているページを見つけました。

Q&Aナンバー【6906-8690】

パソコンによっても、削除ファイルの容量は違いますが

先日のパソコンは、約4GB、削除できました。

人気blogランキング(石川)に参加中!
Banner_04 ポチっと押していただくと、明日へのブログの活力が湧いてきます!!

参考までに

WindowsXPの場合は、コチラ

Windows7の場合は、コチラ

ディスククリーンアップの方法が記載されています。

|

« 電飾の金箔雪吊り | トップページ | マザーボードのコンデンサは、上に膨らむとは限りません »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186742/53348275

この記事へのトラックバック一覧です: Cドライブの空き容量が不足してきたら:

« 電飾の金箔雪吊り | トップページ | マザーボードのコンデンサは、上に膨らむとは限りません »