« 「筆まめの住所録をExcelファイルに変換する方法」は引っ越しました | トップページ | 「筆王の住所録データの引越し」は引っ越しました »

2011年12月 7日 (水)

エクセルで住所1・2・3をくっつける方法

年賀状シーズンということで、年賀状ソフトのお引っ越しネタを続けてもうひとつ

年賀状ソフトによっては

住所1、住所2、住所3 と項目が分かれて記録されることがあります。

昨日まで、書いてきた、年賀状ソフトからExcelデータに住所録を返還した場合

住所が複数項目あると、上記のように複数の列に別々に埋め込まれます。

読み込む側の年賀状ソフトが、複数住所の取り込みが出来ないばあいは

Excelで、住所をくっつけちゃうと、すんなり取り込めます。

旧年賀状ソフトで取りこんだエクセルファイル内の、別の列に

下図の例にように

Excel_address_1

「=(住所1)&(住所2)&(住所3)」と関数を作成してやると

Excel_address_2
県・市・町名番地 が、くっついた住所の列が出来上がります。

このままでは、住所は関数の結果になるので、

一旦、ワークシート全体をコピーしてやり

Excel_address_3
貼り付けする際に、

「形式を選択して貼り付け」を選択し「値」にチェックを入れてOKすれば

見た目は変わりませんが、データ(文字)に変わっています。

この状態で、新しい年賀状ソフトで、住所録の取り込みを行ってやりましょう!

人気blogランキング(石川)に参加中!
Banner_04 ポチっと押していただくと、明日へのブログの活力が湧いてきます!!

|

« 「筆まめの住所録をExcelファイルに変換する方法」は引っ越しました | トップページ | 「筆王の住所録データの引越し」は引っ越しました »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186742/53427479

この記事へのトラックバック一覧です: エクセルで住所1・2・3をくっつける方法:

« 「筆まめの住所録をExcelファイルに変換する方法」は引っ越しました | トップページ | 「筆王の住所録データの引越し」は引っ越しました »