« トモポンがやってきた! | トップページ | 電波がいっぱい »

2011年9月 2日 (金)

無線がブチブチ切れるVAIO

インターネットに繋がらなくなったと呼ばれ

伺ってみると、

IPアドレスが自動取得で無くなっていて

Buffaloの無線ルータの管理画面に入ると

インターネットに繋がっていなかったので、

パソコンのIPアドレスを自動取得に設定し

AirStationの簡単接続を行いました。

無事、インターネットに繋がり

パソコンも無線に繋がり、Yahooに繋がったので

念のため、当ブログを検索し、ついでに

人気blogランキング(石川)に参加中!
Banner_04 ポチっと押していただくと、明日へのブログの活力が湧いてきます!!

↑↑↑をポチッと押して

インターネットに繋がっているのを確認して、帰ってきたんです。

しかし、数時間後やっぱりインターネットに繋がらないと、再度お電話がかかってきたのです。

頭の中で「?」マークを浮かべながら、再度伺いました。

パソコンは

SONYのノートPC「VGN-NW70JB」

VISTAパソコンです。

よく聞いてみると、頻繁に無線に繋がらなくなり、その都度VAIOのネットワーク管理ツールで切り替えを何度かやってると、そのうち繋がる。

という状態が続いていたとのこと。

そのツールが悪さをしているのかと思ったのですが

話を聞きながらパソコンを見ていると

インターネットに繋がっているではありませんか。

しかし、しばらくするとまた切れます。

かなり不安定な状態です。

私のパソコンで、VAIOのサポートページを調べてみたら

http://vcl.vaio.sony.co.jp/product/vgn/vgn-nw70jb.html#main_contents_section_product

なんと、

Wireless LAN Driver の更新プログラムの説明に

「"暗号化の種類"が[WEP]のとき、正常にネットワークに接続できないことがある問題を解決するアップデートプログラムを提供します。」

と書いてあります。

見事に正解!!

無線の暗号化は「WEP」でした。

それもSSIDにローマ字でお客様の名前を使って!

聞いてみると、パソコンを購入した時に追加サービスで無線も設定してもらったとのこと。

更新プログラムをダウンロードし、コピーしてインストール

念のため、無線ルータを初期化し、WPA2をサポートしていないルーターだったので

AESに設定して様子を見てもらうことになりました。

・・・というのが昨日のお話し。

その後、電話は無いので、解決したということでしょう。

めでたしめでたし!!

・・・実はこのパソコン、VISTAなんですが64bitOSだったんです。

ドライバーには32bit版と64bit版があり

迷わず32bit版をダウンロードしたのですが、アップデートできず

コントロールパネルを見てビックリ!

VISTAで64bit!

初めてみました。

改めてサポートページで32ビット版の下にある64bit版のドライバをダウンロードして

インストールしたのでした!

|

« トモポンがやってきた! | トップページ | 電波がいっぱい »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186742/52629635

この記事へのトラックバック一覧です: 無線がブチブチ切れるVAIO:

« トモポンがやってきた! | トップページ | 電波がいっぱい »