« オープンなツイッターに居住まいを正す! | トップページ | ファイルからプログラムが開かない »

2011年8月24日 (水)

「ピッピッピッピッ」と鳴ったのは、やはりメモリのトラブルでした

パソコンの電源が入らないと、パソコン出張修理で伺いました。

PCはNECのノートパソコン Lavie LL370/R

VISTAパソコンです。

電源を入れてみると

青い電源ランプが点滅し、DVDドライブが小さく「カチャ」っと行った後

「ピッピッピッピッ」と短いビープ音が4回なって

その後、起動してきません

短いビープ音は、メモリが怪しいなぁ!

と思いつつ

バッテリを外し、メモリを一旦抜いて、刺し直してみたところ・・・

残念ながら、やはり立ち上がってきません。

実は、パソコンのトラブルと同時期に、ADSLモデムの電源が入らなくなった

とのことで、

お客様に、ブレーカーが落ちなかったか、雷が鳴ってた記憶がないか

聞いてみたのですが、どちらも無い!

と、おっしゃるのです。

お話をしながら、次は

刺さっていたメモリをもうひとつのメモリスロットに刺してみると

Memory_20110824
なんと!

NECのロゴが現れ、WindowsVISTAが起動しました。

念のため、もう一度、元のスロットにメモリを挿し直したところ

今度は、ビープ音がしなくなったのですが、

DVDドライブのカチャって音が数十秒間隔で繰り返すようになったので

どうやら再起動を繰り返しているようです。

再度、いわゆるスロットBにメモリを挿し直し

メモリテストを行い、問題が発生しなかったので、

一応使えるけど、マザーボードは故障しており、スロットAにメモリ増設は多分できないことをお伝えし、

お客様は、使えるならこれでいい。

ということでしたので、作業は完了いたしました。

幸いなことに、使用していたメモリは2GBでしたので、

すぐメモリ不足を起こすことはなさそうです。

人気blogランキング(石川)に参加中!
Banner_02 ポチっと押していただくと、明日へのブログの活力が湧いてきます!!

メモリテストを行っている間に、インターネットプロバイダに電話し

レンタルしているADSLモデムの故障をお話し、

交換品を送ってもらうよう、手続きしたのでした~

しかし、金沢市内に本社があるこのプロバイダ

ADSLモデムが届いたら、PPP接続用のユーザーIDとパスワードの設定は

お客さまにてお願いします。

とのことでした。

いまどき、設定してから送ってくることが当たり前だと思っていたので、

ちょっとびっくりしちゃいました。

お客様に、マニュアルを見ながら

InternetExplorerにURL(アドレス)を入力して

出てきた画面で設定してください!

と、アドバイスして、お客様の健闘を祈りながら帰ってきたのでした~

|

« オープンなツイッターに居住まいを正す! | トップページ | ファイルからプログラムが開かない »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186742/52556759

この記事へのトラックバック一覧です: 「ピッピッピッピッ」と鳴ったのは、やはりメモリのトラブルでした:

« オープンなツイッターに居住まいを正す! | トップページ | ファイルからプログラムが開かない »