« WindowsXPパソコンでメモリ不足か確認する方法 | トップページ | Windows7のメモリ使用量をチェックする方法 »

2011年3月 8日 (火)

WindowsVISTAでメモリ不足を起こしていないかチェックする方法

WindowsVISTAでメインメモリがメモリ不足を起こしていないか、

メモリを増設した方が良いかどうかを確認する方法は、WindowsXPと同じく

タスクマネージャを起動し、パフォーマンスタブの項目でチェックします。

アットマーク・アイティの記事

タスク・マネージャのパフォーマンス・タブの見方(Windows Vista/Windows Server 2008編)

に図解入りで記載されています。

WindowsXPでも同じ操作になりますが、VISTAでは、表記方法が変わりました。

グラフに表示されているメモリ容量は、あくまで物理的な搭載メモリの使用量になります。

これは、XPパソコンとは異なり、搭載メモリの数値を超えることはありません。

実際のメモリ使用量は、右下にある、ページファイルの右側に現れる容量値になります。

グラフの使用メモリ量を見て、メモリ不足を起こしていないと誤判断をしがちですので注意が必要です。

VISTAパソコンは、搭載メモリ512MBというのも見たことがありますし、1GBメモリのパソコンもざらにいます。

更に、ビデオメモリ共有タイプは、Windowsが実際に使用できるメモリ容量がさらに減りますから、注意が必要です。

人気blogランキング(石川)に参加中!
Banner_02 ポチっと押していただくと、明日へのブログの活力が湧いてきます!!

|

« WindowsXPパソコンでメモリ不足か確認する方法 | トップページ | Windows7のメモリ使用量をチェックする方法 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186742/51059089

この記事へのトラックバック一覧です: WindowsVISTAでメモリ不足を起こしていないかチェックする方法:

« WindowsXPパソコンでメモリ不足か確認する方法 | トップページ | Windows7のメモリ使用量をチェックする方法 »