« 不正請求画面 | トップページ | OutlookExpressメールの送受信ができない »

2011年2月 9日 (水)

Windows Updateの履歴が重い

SonyのVAIOノート

VGN-FS22B

WindowsXP搭載のパソコンです。

動作が遅いと持ち込まれましたが、パーティションエラーも無くコンピューターウイルスにも感染していません。

Ctrl + Alt + Delete でタスクマネージャーを起動し、使用メモリ順に並べ替えてみると『wuauclt.exe』がかなりのメモリ量を使用しています。

調べてみると、この『wuauclt.exe』はWindows Updateの履歴監視のプログラムらしいのですが、過去履歴のデータ不具合やたまりきったデータ量で動作がかなり重くなるようなのです。

そこでこの履歴データをきれいにして見ました。

まずはAutomatic Updates サービスを停止します。
・『スタート』から『ファイル名を指定して実行』。
・”services.msc”と入力しサービスを立ち上げます。
・『Automatic Updates』 サービスを右クリックし『停止』 をクリック。

次に『ファイル名を指定して実行』に ”%windir%\SoftwareDistribution”と入力
・開いた中の DataStore フォルダを開き、中にあるすべての内容を削除します。

そして『Automatic Updates』 サービスを開始します。 
・『スタート』から『ファイル名を指定して実行』。
・”services.msc”と入力しサービスを立ち上げます。
・『Automatic Updates』 サービスを右クリックし『開始』 をクリック。

再起動してみると、起動も早く、結構快適に動作するようになりました。

ちなみにMicrosoftサポートオンラインのURLはこちら

http://support.microsoft.com/kb/875560/ja

以下のような警告もありますので、試してみられる方はご注意を!

警告:以下の手順はファイル削除の操作が含まれています。誤ったファイルを削除するとオペレーティング システムの再インストールが必要になるような、深刻な問題が発生する可能性があります。誤った操作に伴う問題については、一切保証できませんのでご注意ください。

人気blogランキング(石川)に参加中!
Banner_02 ポチっと押していただくと、明日へのブログの活力が湧いてきます!!

|

« 不正請求画面 | トップページ | OutlookExpressメールの送受信ができない »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Windows Updateの履歴が重い:

« 不正請求画面 | トップページ | OutlookExpressメールの送受信ができない »