« お正月の東茶屋街 | トップページ | 当ブログはヤフーよりグーグル好みのようです。 »

2011年1月 5日 (水)

エクセルやワードをパスワードで保護する方法

よく使用するOffice製品のデータやファイル

Excelのワークシート・ブックファイルや、Wordの文書ファイル

USBメモリにデータをコピーして持ち出し、なくしてしまうとデータも見られてしまう場合があります。

最近はセキュリティ機能が付いたUSBメモリが販売されていたりしますが、

結局は使用する人の使い方でデータの機密性は大きく左右されます。

ExcelファイルやWordファイル自身にパスワードをかけて

パスワードを知らない人はファイルを開けないようにする方法があります。

ファイルを保存するときに、

名前を付けて保存→ツール→全般オプション とクリックし

出てきた保存オプションウインドウで

読み取りパスワード

書き込みパスワード

をそれぞれ、2回、入力すると

次回から、ファイルを開くときに

パスワードを入力しないと、ファイルが開かないようになります。

allaboutに図解入りで説明してくれているページがありました

コチラです。

人気blogランキング(石川)に参加中!
Banner_04 ポチっと押していただくと、明日へのブログの活力が湧いてきます!!

パスワードを忘れてしまうと開けなくなりますので、お気を付けください。

|

« お正月の東茶屋街 | トップページ | 当ブログはヤフーよりグーグル好みのようです。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エクセルやワードをパスワードで保護する方法:

« お正月の東茶屋街 | トップページ | 当ブログはヤフーよりグーグル好みのようです。 »