« 雪に消えた自転車レーン | トップページ | フレッツ光等の回線料が安くなる! »

2010年12月28日 (火)

ブルースクリーンの原因は無線LANドライバでした

インターネットに繋がらないと持ち込まれた

東芝 COSMIO E10/2KLDEW WindowsXP搭載のノートパソコンです。

電源を入れて起動後、いきなりブルースクリーンになりました。

そのままお預かりして、調べてみると

ありました!

東芝 dynaboo.com情報番号:008137

「起動中/使用中にブルースクリーン画面になり”STOP:0x000000D1”または”STOP:0x000000OA”エラーが表示される<Intel社製無線LAN搭載機種限定(その1)」

ズバリですね!

無線のスイッチをオフにし、念のためセーフモードで起動し、他のパソコンでダウンロードした最新ドライバをコピーし、インストール後

問題なく無線LANが繋がりました。

人気blogランキング(石川)に参加中!
Banner_03 ポチっと押していただくと、明日へのブログの活力が湧いてきます!!

|

« 雪に消えた自転車レーン | トップページ | フレッツ光等の回線料が安くなる! »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブルースクリーンの原因は無線LANドライバでした:

« 雪に消えた自転車レーン | トップページ | フレッツ光等の回線料が安くなる! »