« EPSONノートパソコンEndeavor「NJ3100」リコール【発火の恐れ】 | トップページ | ブルースクリーン STOP 0x000000D1 »

2010年9月16日 (木)

ポータブルWi-Fiルーターにウイルス混入!

いつでもインターネットに繋がる無線親機がポケットサイズになって人気のポータブルWi-Fiルーターですが、コンピュータウイルスに感染したまま出荷されてしまったようです

ウイルスが混入していたのは、Buffalo (バッファロー)のDWR-PG
コンピュータウイルスに感染しているパソコンで、抜き取り検査を行ったため、ウイルスが混入したとのこと。

パソコンをこのポケットルーターにUSB接続すると、そのパソコンが感染する恐れがあります。
パソコンのセキュリティ対策が安全で最新であれば、ブロックしてくれるとのことですので、
Windows更新と、ウイルス対策ソフトの更新を行っておきましょう!

baffaloの告知ページはコチラです。

この製品を販売していたNTTドコモにも案内ページがありました。

現在は販売を一時中止しているようです。

パソコン関連の製品は、ソフト的な不具合は購入したユーザーがトラブル対処しなければならないようになっています。

例え初期不良であっても・・・

まあ、今回の場合は、つないだパソコンにウイルス感染するのであって、購入した製品の動作は問題ないのですが、

感染しているルーターは初期化するように、案内と初期化方法が掲載されています。

私自身は使ったことがありませんが、初期化すると、Wifi接続設定が消えてしまい、再設定が必要なのではないでしょうか?

その辺の記載がありません。

もう少し、ユーザーの不安を解消するような情報をわかりやすく載せてもらいたいと、思います。

人気blogランキング(石川)に参加中!
Banner_04 ポチっと押していただくと、明日へのブログの活力が湧いてきます!!

|

« EPSONノートパソコンEndeavor「NJ3100」リコール【発火の恐れ】 | トップページ | ブルースクリーン STOP 0x000000D1 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポータブルWi-Fiルーターにウイルス混入!:

« EPSONノートパソコンEndeavor「NJ3100」リコール【発火の恐れ】 | トップページ | ブルースクリーン STOP 0x000000D1 »