« 電源ユニットのコンデンサ交換 | トップページ | 東芝dynabook「T5/512CME」のCD起動方法 »

2010年8月25日 (水)

パソコンの熱中症にご注意を!

8月後半になって、パソコンの持ち込み修理依頼が増えてきました。

電源ユニットやハードディスクの故障が多く見られます。

パソコンも夏バテします(笑)!と、

お客さまとお話してましたが、冗談ではなくなっているようです。

パソコンのスペック(仕様)を見てみましょう!

富士通の2010年の夏モデルLIFEBOOK「SH760/5A 」

商品紹介ページはこちらです。

詳細仕様が書いてあるページは、コチラになります。

パソコンを選定・購入する際に見たことがおありだと思います。

この仕様の下の方、下から3番目の項目に

「温湿度条件」と書いてあります。

条件を見てみると、下記の内容が書かれています。

温度 5~ 35℃/湿度 20~ 80%RH(動作時)

温度 -10~ 60℃/湿度 20~ 80%RH(非動作時)

(ただし、動作時、非動作時とも結露しないこと)

お分かりだと思いますが、念のため

動作時に温度が5℃以下、もしくは35度以上では、正常動作を保証しない。

あるいは壊れるかもしれない!と書いてあるのです。

今年のこの猛暑。クーラーが付いてない部屋でパソコンをしていると、室内温度が35℃を超える可能性もあります。そこまでいかなくても、パソコンは元々発熱体。

パソコンの温度が35℃を超える可能性があります。

また、非動作時というのは、いわゆる保管時ということですので、

電源が入っていない時のことです。

こと状態でも温度条件があるわけです。此方の上限が60℃

さすがに室温がそこまで上がることはないでしょうが、

モバイルパソコンといえば、車の中に置いてある場合も考えられます。

社内で、鞄に直射日光が当たって、鞄の中が60℃を超える可能性も・・・

今年はあるかもしれません。

パソコンも熱中症にかかる可能性もありますので 十分ご注意ください。

人気blogランキング(石川)に参加中!
Banner_02 ポチっと押していただくと、明日へのブログの活力が湧いてきます!!

|

« 電源ユニットのコンデンサ交換 | トップページ | 東芝dynabook「T5/512CME」のCD起動方法 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パソコンの熱中症にご注意を!:

» ASUS EeePC1005PE 10.1型ワイドTFTカラー液晶 HDD160GB ホワイト EEEPC1005PE-WH160 | [どうなんでしょうか]
ASUS EeePC1005PE 10.1型ワイドTFTカラー液晶 HDD160... [続きを読む]

受信: 2010年8月30日 (月) 16時09分

« 電源ユニットのコンデンサ交換 | トップページ | 東芝dynabook「T5/512CME」のCD起動方法 »