« つぶあんの氷室まんじゅう | トップページ | メモリカードが出て来ない »

2010年7月 2日 (金)

エクセルの図形の中の書式設定

リピーターさんから電話がかかってました。「エクセルのオートシェイプの四角い図形の中に入力した文字をど真ん中に持っていくにはどうしたらよいか?」

実際にやってみました。

Excel2003を開き、挿入(I)メニューから図(P)▶オートシェイプ(P)を選択すると、オートシェイプのアイコンが表示されます。

左から3番目、ハートマークが付いてるアイコンをクリックすると、基本図形(四角や円)が表示されます。

四角を選んで、マウスをドラッグすると長方形が作成されます。

※ココでキーボードのシフトキーを押しながら長方形を作成すると正方形になります。

(円形を作成するときはSHIFTキーで正円になります)

図形の中で右クリックし、テキストの追加を押すと、四角形の中で縦棒のIマーク(アイビームアイコン)が点滅し、文字を入力できるようになります。

文字を入力後、書式設定を行います。

Excel2003_text_1

四角い図形の端っこ(斜め線が入っている部分)で右クリックすると上図のようなウインドウが表示されます。

※場所を間違えると違うメニューが出ます。

 マウスポインタが十字の各先端に矢印が付いたマークになる場所です。

オートシェイプの書式設定をクリックするとメニューウインドウが開きます。

Excel2003_text_2

「配置」タブを選び、文字の配置の横位置・縦位置をそれぞれ中央揃えにしてやると

Excel2003_text_3

四角形のど真ん中に移動しました。

四角形の隅っこをドラッグしてサイズを変更しても自動的に真中に表示されます。

表やグラフの説明文を追加したり、ちょっとした工夫でプレゼンテーションや報告書の資料が見やすくなると思います。

人気blogランキング(石川)に参加中!
Banner_03 石川県のグルメや生活情報が満載です!!

|

« つぶあんの氷室まんじゅう | トップページ | メモリカードが出て来ない »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エクセルの図形の中の書式設定:

« つぶあんの氷室まんじゅう | トップページ | メモリカードが出て来ない »