« 石川県民大学校で、コンピュータを自作する講座 | トップページ | アナログテレビは、あと一年も見られませんでした。 »

2010年7月23日 (金)

ヤフーやグーグルのテキストボックスで、一部の候補文字列だけを消す方法

インターネットで検索する場合、あるいはユーザーIDやメールアドレスを入力する場合、全ての文字を打つ前に、テキストボックスの下部に今から打とうと思っている言葉が出てくることがあります。

オートコンプリート機能といい、以前入力した語句を覚えていて

「すべて打たずとも、あなたが入力したい言葉はコレでしょう!」

とパソコンさんが教えてくれる機能です。

しかし、間違った言葉で検索したりすると、次からも「これでしょう?」と馬鹿にしたように出てきます。

パソコンが馬鹿なのか?私がバカなのか?

人に見られたくない恥ずかしいキーワードを入れちゃった人もいるかもしれません。

その時は、表示されているキーワード(語句)をマウスを動かして(クリックしてはだめですよ)文字が反転状態になるように選択し、キーボードのDeleteキーを押すと、忘れてくれます。

マウス操作がうまくいかない人は、上下の矢印キーでもOKです。

大事なことだからもう一度言いますよ。

検索窓や入力窓の下に出ている消したい文字を反転状態にして、DELキーで消すんです。

インターネットの画面ではないですが、マイクロソフトサポートラインのオートコンプリートから名前を削除するにイメージ画像が出ています。

人気blogランキング(石川)に参加中!
Banner_04 石川県のグルメや生活情報が満載です!!

|

« 石川県民大学校で、コンピュータを自作する講座 | トップページ | アナログテレビは、あと一年も見られませんでした。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤフーやグーグルのテキストボックスで、一部の候補文字列だけを消す方法:

« 石川県民大学校で、コンピュータを自作する講座 | トップページ | アナログテレビは、あと一年も見られませんでした。 »