« 第1回高校生の自転車マナー一斉指導 | トップページ | ハードディスクって何するもの? »

2010年6月23日 (水)

プリンターの紙詰まりにご注意を!紙をさばいてから入れましょう!!

雨が降る中、プリンターを抱えて来られたお客さま。

紙が詰まって、引っ張り出したら破れてしまい、紙片がプリンター内に残っているのか、紙詰まりランプが消えない。とのことです。

電源を入れてローラーを回しても、紙は出てきません。

懐中電灯でプリンタのローラー付近を調べてみましたが、紙片らしきものは見当たりませんでした。

プリンターを分解すると、印字ヘッダーがずれたりすることがあるため、パソコン修理屋金沢東山店では修理は行っておりません。

お客様は残念がっておられましたが、お持ち帰りされました。

梅雨のこの時期や北陸の冬は、じめじめしてコピー用紙も湿気を帯びます。

そうなると、ローラーも滑りやすく、紙がくっついて給紙がうまくいかず、2~3枚の紙がいっぺんにプリンタやコピー機に入って行って紙詰まりや給紙エラーを起こすことが多くなります。

用紙をセッティング、入れるときに紙を捌いてからセットしするとよいでしょう。

私、中堀店長のやり方は以下の通りです。

まず、適量のコピー用紙の両端をかるく持ちます。

Paper_setting_1

次に、紙をふくらませるようにして両端を抑えます

Paper_setting_2

両端ををさえたまま、紙をまっすぐにのばしてやると中央部分に空気が入ります。

Paper_setting_3

そのあと、右手だけ緩めてやり、紙をバラっと捌いてやり、

同じ動作を繰り返し、今度は左側を捌きます。

バラけた紙を整え、プリンタやコピー用紙の給紙カセットにセットします。

人それぞれですが、紙と紙の間に空気を入れてやることによって、紙離れがよくなりますので、よろしければお試しください。

人気blogランキング(石川)に参加中!
Banner_03 石川県のグルメや生活情報が満載です!!

|

« 第1回高校生の自転車マナー一斉指導 | トップページ | ハードディスクって何するもの? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186742/48685685

この記事へのトラックバック一覧です: プリンターの紙詰まりにご注意を!紙をさばいてから入れましょう!!:

« 第1回高校生の自転車マナー一斉指導 | トップページ | ハードディスクって何するもの? »