« VISTAからWindows7へ、パソコンのお引っ越し | トップページ | このアイコンを見たらWindows更新しましょう »

2010年5月22日 (土)

Windowsパソコンを購入したらリカバリディスクを作成しましょう

富士通デスクトップDeskPower「CE/B40」

お預かりしたCD/DVDの中にリカバリーディスクが見当たりません。

アプリケーションディスクはあるのですが・・・

すべてのプログラムを見てみると、マイリカバリの「管理」ボタンでリカバリディスクを作成できます。DVD-Rが数枚必要ですが、ランニングコストコストは100円/枚程度です。

WindowsVISTAから、任意の状態にシステム状態を戻す機能が標準でサポートされましたが、やはり工場出荷時に戻せるようにしておかないと、調子が悪くなってからではどうにもできません。

それにしても、富士通はずっとリカバリディスクを付けてくれてたのに、残念ながら付けてくれなくなりました。

PCケアに相談や修理に来られるお客様の9割はリカバリディスクや再セットアップディスクを作っておられません。

Windowsパソコンを買うということは、搭載されているWindowsXPやVISTA、Windows7の使用権も取得しているわけですが、そのOS(オペレーティングシステム)を外部から再インストールする手段(メディア)は付いてこないのです。いわゆる再インストールCD(VISTA、ウィンドウズセブンはインストール用DVD)は自分で作れというのがPCメーカーの姿勢です。

まっ、ハードディスクが壊れていなければ、リカバリできるわけですが、ハードディスクは車に例えるならタイヤみたいなもの。いつか読み書きできなるわけですから、壊れてからではリカバリできなくなります。

メーカーによってメニュー(プログラム名)は違いますが、一度すべてのプログラムをチェックして、リカバリディスクを作成しておいてください。

人気blogランキング(石川)に参加中!
Banner_03 石川県のグルメや生活情報が満載です!!

|

« VISTAからWindows7へ、パソコンのお引っ越し | トップページ | このアイコンを見たらWindows更新しましょう »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Windowsパソコンを購入したらリカバリディスクを作成しましょう:

» パソコンをリカバリしたらOfficeが無くなった。 [PCケア東山店の店長日記]
パソコン修理店PCケア東山店のブログ [続きを読む]

受信: 2010年6月27日 (日) 16時57分

« VISTAからWindows7へ、パソコンのお引っ越し | トップページ | このアイコンを見たらWindows更新しましょう »